どうしても気になるシミや肝斑への対策

どうしても気になるシミや肝斑への対策

シミはどうしてできてしまうのでしょうか?

 

シミは様々な要因で発生しますが、主なものは紫外線です。紫外線を浴びると、シミの元となる黒い「メラニン顆粒」が色素細胞(メラノサイト)で大量に生産されます。メラノサイトは本来、肌を紫外線から守るために必要なもの。でもそれが大量生産され、メラニン顆粒が表皮細胞(ケラチノサイト)に受け渡されることにより、色素が濃いシミなってしまうのです。さらに紫外線は「光老化」をもたらすので、シミ以外にも、皮膚を乾燥させ、表皮を傷つけることにより、乾燥、シワ、皮膚の張りの無さの原因ともなります。
肝斑は少し理由が異なり、「光老化」以外にもホルモンが関係していることがわかっています。

 

いずれにしても、紫外線による「光老化」がもたらす厄介なもの。では、できてしまったシミや肝斑に効果的な対策はあるのでしょうか?

 

まずは地道に紫外線対策。夏だけではなく、1年間を通して日焼け止め効果のある化粧下地または乳液などを使うことです。これは今見えているシミ以外に、まだ表皮に表れていない「隠れシミ」を防止するために役立ちます。

 

またシミは本来、肌のターンオーバーが順調であれば、自然に薄れていくものです。そのターンオーバーを順調に促すために、毎日のクレンジング、洗顔をしっかりしましょう。洗顔には肌のターンオーバーを促し、美白効果のあるハイドロキノンが含まれているもの(例:サンソリットスキンピールバーの透白ケア)が有効です。

 

そしてビタミン類のを摂取を心がけること。は特にビタミンC(アスコルビン酸)・ビタミンE(トコフェロール)・ビタミンB2 (リボフラビン)といった成分は 「メラニンを生成しなさい」という命令をストップさせたり、命令を実行する「チロシナーゼ」の発生を阻害するという働きがあることがわかっています。さらにビタミン類はシミ予防だけではなく、今あるシミへの働きかけもしてくれます。

 

もっと積極的に今あるシミや肝斑を消したい!というのが本音のあなた。実は化粧品では今あるシミや肝斑を消すことは難しいのです。というのも、化粧品に含まれる成分は、その濃度が薄く、また使っていい成分が限られているからです。それでもターンオーバーを促すトラネキサム酸は肝斑に有効であると判明しています。内服薬として(例:トランシーノ)ビタミンCのサプリと一緒に使うと効果的です。また普通のシミには、ハイドロキノンが含まれている化粧品が役に立ちます。

 

とにかくすぐにシミを消したい!と切実に思っているあなた。最後の手段としては医薬品があります。医薬品は有効成分が高濃度に含まれています。その分、医師の診断、観察の元で服用したり、塗って経過観察をしてもらわなければなりません。今は皮膚科にもシミ対策を取り入れているクリニックが増えてきました(ただし、自由診療なので健康保険は使えません)。そういうクリニックを訪ねてみるのも一つの手ですね。

 

シミや肝斑の無い綺麗な肌を取り戻したい。それは多くの女性の切実な願いです。コンシーラーで隠して厚化粧になってしまうよりも、積極的にシミ・肝斑を綺麗にして、明るく毎日を過ごせるようにしたいですね。